重要文化財保護建造物 大徳寺塔頭孤篷庵

 毎年5月第2土曜日に京都・大徳寺塔頭孤篷庵小堀遠州公菩提寺・重要文化財保護建造物)を開放し、遠州茶道宗家13世小堀宗実家元の供茶につづき法要を営み、そののち小堀遠州公ゆかりの茶道具を用いて釜を掛け、小堀遠州の遺徳を顕彰するものです 顕彰会正会員の方は無料ご招待(要申込)、維持会員の方は御優待で、また一般の方でも顕彰会会員のご紹介があれば参会できます(要申込・会費30,800円)

  • 開催日:毎年5月第2土曜日
  • 時間:9:00~15:00(9:00より供茶、点心は14:30まで)
  • 会費:◎正会員 無料ご招待 ◎維持会員 ご優待(通常会費30,800円のところ15,400円・優待は次年度より) ◎一般 30,800円
  • 会場:京都 大徳寺 孤篷庵

※ 参加には必ずお申込が必要です。

遠州茶道宗家13世不傳庵小堀宗実家元による供茶

会場アクセス

京都 大徳寺 孤篷庵

〒603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町

※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。
付近の道路が狭いため路上駐車はできません。