御自影天神とは、遠州流流祖・小堀遠州公が信仰深かった天神様の御自影に大徳寺156世江月宗玩が賛をなされた一軸で、永く小堀家に伝来し、毎年2月25日にご供養してまいりました。ちなみに読経の終わる頃にはその頬が赤く 染まるという伝説のある、霊験あらたかな天神様です。ご供養の後、小堀遠州公ゆかりの茶道具を用い、茶会を行っています。顕彰会会員の方、会員のご紹介者及び遠州流門人の方々に広くご参会頂いております。

  • 開催日:毎年2月25日
  • 時 間:お申込時にお知らせ
  • 会 費:26,500円
  • 会 場:遠州茶道宗家

※参加には必ずお申込が必要です。

会場アクセス

遠州茶道宗家

〒162-0827 東京都新宿区若宮町26
TEL03-3260-3551 FAX03-3260-3510
  • JR 飯田橋駅西口より徒歩9分
  • 東京メトロ 飯田橋駅(南北線・有楽町線・東西線)B3出口より徒歩7分
  • 都営地下鉄 牛込神楽坂駅(大江戸線)A2出口より徒歩7分

※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

付近の道路が狭いため路上駐車はできません。